<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 29日
花園ゆきです。
春みつけました!
かわいい黄色いお花。

春ですね。
e0054355_17255864.jpg

[PR]

by mc-muse | 2006-03-29 17:24
2006年 03月 28日
まっさらな春。
すずきです(さらに連投)。
先日ごはんを食べに出かけた時。
個室の向こうから拍手の音、そしてどうやら挨拶の声。送別会でした。
どうせ見えないんだから、と言って一緒に拍手なんかして、そうかぁ、そんな時期だ。

私のまわりでも、近しいひとが3人ばかり、この春新しい土地へと旅立ちます。
今までのように、会いたい時にすぐ会える、ということはできなくなってしまうのが寂しいですが、
知らない土地でのスタートをきる彼らの不安やら何やらにくらべると、
そんな寂しさちっぽけなもんです、きっと。

とはいえ、うち2人は転勤とかではなく、自ら決めた新しいスタート。
待っているのは不安ばかりではないのでしょう、
期待とかの前向きなベクトルが、ぐいぐい彼らを動かすはず。

それに、日本のあちこち、私の知らない土地に知ってる人が散ってゆくだけで、
そこが一気に「知ってる」土地のような気になるから不思議。
TVやニュースでそこの名を聞くときっと、「あ!○○ちゃんのいるとこだ!」って叫ぶのです。
いつかそこに遊びにいって、そこは本当に知ってる場所になるのでしょう。

昨年転勤したある友人は、たまにひょこっと帰ってきて、ふつうにご飯を一緒に食べて、
そして、またねと別れてゆく。飛行機にのるのではなく、地下鉄で前のアパートに帰るように。
感情が遠くなることに比べれば、距離なんて僅かなものだ。
そう考えると、日本はとっても狭くて、何処でもとても近くなる。

私の座標はかわらない、いつもの駅から札幌へ仕事場へむかう日々。
けれど、お仕事や感情のステージは、新しくスタートできるようにしなくては。
ちょっとでも前へ上へ新しく。気持ちは新しいところへいけるはず、ですよね。
[PR]

by mc-muse | 2006-03-28 13:47
2006年 03月 17日
ぜいたくの定義。
すずきです(連投)。
なにをもって、どんな行為を贅沢とよぶのか?

「今日の食事は贅沢だった!」というのが、おひとり2万円のディナーだったり、
あるいは、ファーストフードでセットじゃない組み合わせをチョイスすることだったり、
なんにもない田舎道で車をとめて、ありえない程の星空を見ながらほおばるお握りだったり。
その時々の、自分の心とお財布のバランスにぴったり一致するもの、か、どうか。

つまるところ十人十色だし日々のキブンで毎日変わる、もので。
・・・なにが言いたいのかって?

今朝、ミューズに向かう途中で寄った本屋で、雑誌や文庫をぽんぽんぽんと次々手に取り、
ばっさぁと6冊まとめてレジにもっていって「これください!」。
・・・お店の袋から出して、その中の3冊の文庫を眺めて、どれから読もうか真剣に悩む。
悩んでいるんですが、3冊揃った表紙を眺めてるだけで、もう幸せ。

大好きな作家の本がいっぺんに3冊出て、それをいちどに買っちゃう。
他も含めてCD一枚くらいの投資、で、なんか贅沢な気分になれちゃう。
っていうか・・・「本をまとめてどばっと買う」のが、私にとっての贅沢、なのかな?e0054355_22381376.jpg
貧乏くさい?ノーコメントです。

ちなみに、後の3冊は、音楽誌と、時刻表。
1ページの記事の為雑誌を買う、これもまた贅沢と呼べるのか・・・




MCミューズ/司会者/ナレーター/アナウンサー養成/ボイストレーニング/札幌市

[PR]

by mc-muse | 2006-03-17 22:39
2006年 03月 16日
春っぽい、一品。
すずきです。
これが旬の食材かどうかいまいちよくわからないのですが・・・
我が家には現在、長芋がいっぱい、あるんですね。
母の実家(ばりばり農家)から一箱届いたのに加えて、買ったのが一箱
(我が家は箱買いだいすき!)。なので、箱単位でそりゃもういっぱい。

これはとっとと食べなきゃ、いくら芋でも鮮度がおちるだろうよ!と、いうことで、
ここのところ連日、長芋メニューが食卓に並びます。

オーソドックスな山かけだったり、豆腐ときのこのとろろ汁にしたり、
いろいろ工夫してますが、出色はこれ、長芋饅頭!

これは母作。おお、キレイきれい♪
桜の花びらは生麩です、中には海老ときくらげ、栗をいれて、薄味のあんでいただきます。
ゆでたお芋をもういちど蒸して、まぁるくほっこり、かわいくて美味!

うーん、いいレシピを発見しました!定番化決定!
って、これ、新聞のお料理メモに載ってたものなんですよ。
e0054355_22111889.jpg

写真がのっていないので見落としがちなコーナーなんですが、
これがなかなか目からウロコの料理が多いのです。皆さん、要チェック!ですぞ!

MCミューズ/司会者/ナレーター/アナウンサー養成/ボイストレーニング/札幌市

[PR]

by mc-muse | 2006-03-16 22:10 | 美味しい話
2006年 03月 07日
啓蟄→ けいちつ
ようやく春めいてきましたね♪
昨日は二十四節気のひとつ啓蟄でした。
“啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、
文字通り地中で冬ごもりしていた虫が春の到来を感じ、
地上へ這い出してくるという意味。
この時期、北国では 福寿草 が見られるようになると言われています。

実家のある十勝では、春になると家の隣の山に毎年のように福寿草を
探しにいったものです。黄色くかいわらしく咲く福寿草を見つけた時の
嬉しさ、ワクワク感が懐かしいです(^^) 
そして蛙の卵を探しにいったのもこの時期だったのかなぁ?
あの頃は平気で蛙を素手でつかまえて卵を持ち帰り
孵化した沢山のおたまじゃくし達をまた小川にかえしに行ったものです。 
いい思い出です♪

そんな私が都会の札幌でこの時期春を感じるのは、街行く人の軽装。
昨日はキレイな色のスプリングコートや、ジャケット1枚で歩いている人、
足元もパンプスの人を多く見かけました☆
しかし昨日の私は冬コートにロングブーツ・・・。 
出遅れてる!と感じずにはいられませんでした。
でも、朝晩はまだやっぱり寒いのです!!!
春の装いを選ぶのか、それとも暖かさを選ぶのか、
しばらく葛藤の日々か続きそうです(笑)
    
ますだ かおり

MCミューズ/司会者/ナレーター/アナウンサー養成/ボイストレーニング/札幌市

[PR]

by mc-muse | 2006-03-07 14:40